Aug 29, 2014
Come to see & say hi!
September 19, Friday 15:00-21:00 *Reception / Open for all
September 20, Saturday 12:00-20:00
September 21, Sunday 11:00-19:00


1-7-15 Kita-Aoyama, Minato-ku, Tokyo, Japan

ZINE’S MATE

Thanks!

Come to see & say hi!

September 19, Friday 15:00-21:00 *Reception / Open for all

September 20, Saturday 12:00-20:00

September 21, Sunday 11:00-19:00

1-7-15 Kita-Aoyama, Minato-ku, Tokyo, Japan

ZINE’S MATE

Thanks!

Aug 24, 2014
Pop-Up-Store’s invitation! catchy paper :)
Come to say hi!”In Oct”;)

Pop-Up-Store’s invitation! catchy paper :)

Come to say hi!”In Oct”;)

Jul 3, 2014
HAPPY BIRTHDAY Jeff Ladouceur! 
2nd JULY!
 
title:Amen
artist:Jeff Ladouceur
more info 

HAPPY BIRTHDAY Jeff Ladouceur! 

2nd JULY!

title:Amen

artist:Jeff Ladouceur

more info 

Jul 3, 2014

Jeff Ladouceur: ‘Amen’

Comic art in a metaphysical context by Jeff Ladouceur at ZieherSmith.

Jul 1, 2014

title:Type1

Artist:Erik van der Weijde

I use photography as a tool to collect images. I don’t consider myself a photographer though, because I’m not particularly interested in the singular photograph. I like the medium, but mainly because it’s so useful if you work with images from daily life. It would take so much more time if I had to draw all…

Erik Van Der Weijde interview by Theo Simpson and Craig Barker

Zineswap

❝自分のこと写真家だとは思っていないんだけれども。奇抜な写真だとかには興味がない、僕は媒体(モチーフのニュアンス)毎日使うような日用品からのイメージが好きなんだ。そのイメージを集めるための、ツールとして写真を用いている。全部を表現するとなるととてつもなく時間かかるんだろうな。❞

¡¡printed by the PRINT GOCCO!!

 エリックさんは初めて出版したオフセット印刷の写真集に納得いかず、自分で印刷までこだわるようになったそうです。東京(AIT主催アーティストレジデンスに滞在していたが311のため途中中断となった)はとても好きな場所でプリントゴッコを見つけたんだそうです。仕事でブラジルを離れていても息子や妻とはスカイプで話せるけど、愛犬とは話せないんだ、とちょっと残念そうに話していました。”プリントゴッコ”でアーティスト自身がプリントし、そしてエリックさんが幼い頃夢中だったワーゲンのビートルズをフォーカスしたハンドメイド・フォトジン。

BUY HERE

Thanks!

Jun 29, 2014

title:FOTO.ZINE NR.3

artist:Erik van der Weijde

more photos

In the foto zine nr.3 series I worked with found images from magazines, archives or even the internet, so I thought it wouldn’t make sense to get into this search for a ‘nice’ printing technique. The decision to look for the worst printer in the city I was living in, in Brazil, is conceptual one. But of course once you start working with a printer like that, the experimenting starts…

"Erik Van Der Weijde interview by Theo Simpson and Craig Barker" ZINESWAP

❝ foto zne nr 3シリーズは雑誌、アーカイブ、インターネットから見つけたイメージで制作したんだ。それで、いい感じの技術の高い印刷を探すのはあまり意味がないだろうと思った。僕が住んでいるブラジルで、最も質の悪いプリンターを探すと決まったんだ、意図的な狙いというわけ。むかし君たちもあういうプリンターで制作しはじめたでしょう、ほら実験的…❞

 ¡¡ printed in Brazil !!

BUY HERE

Thanks!

Jun 21, 2014

title/artist:Tove Storch

more photo

READING BLUE

 For this one-off twenty minute performance, Storch examines the materiality and tactility of the color blue through a silent and meditative reading of twenty hand-colored books containing no letters or words, but only the prints of twenty unique shades of blue. Twenty performers will sit on chairs holding each their book. Slowly and their individual pace, the performers will flip page by page…

 たった一度限りのパフォーマンスのために、Storchはブルーの色彩のマテリアル性や触覚性を考察する。文字も言葉もなく、手で塗られた微妙に異なる20のブルーが印刷されたブックを、静かに読み、ただ深く鑑賞する。20人のパフォーマーは本を手にし椅子に座り、おのおのページをめくっていく….

 Based in Copenhagen, Tove Storch (b. 1981) works with sculpture and performance to explore dualistic relationships between strength and fragility of certain materials, shapes and spaces. In her work, Storch combines architectural and minimalist forms in metal with fragile materials such as translucent silk and paper. 

  コペンハーゲンをメインに活動するTove Storch(1981年生まれ)は彫刻とパーフォーマンスを制作するアーティストです。マテリアルの二重性、マテリアルの材質の強弱の間にある関係性、形や空間を追求します。Storchは、透き通ったシルク、紙のような弱い素材を、建築的にミニマリズム的に用い、強い性質を備えたマテリアルと組み合わせて制作していきます…

www.residencyunlimited.org

 

 色は強烈なインスピレーションを持つと思います。ブルー、Yves KleinやDerek Jarmanの作品。あのブルーのもつ心理的な作用を思えば!言葉を超越します(同じようにバーミリオンの色彩も似ていると思います)。そして、絵の具の滲みやマチエールも…

BUY HERE

Thanks!

Jun 20, 2014

title:FROM HERE INTO OBLIVION

artist:Stefan Vanthuyne 

more photos

In From here into oblivion, a title based on a quote by Oscar Wilde, the focus is on consciousness. From here into oblivion is about giving meaning to one’s personal environment. It is a naive attempt at defining one’s place in this world.

"Art Paper Editions"

オスカー・ワイルドの名言をもとにしたタイトルがつけられている。本写真集には、個人的な身のまわりのことにあえて意味を見いだす、そういう意識的な視線にフォーカスしている。どこかの誰かの生活の一部をとらえたシンプルな写真集。 

『Art Paper Editons』

 ベルギーのブリュッセルのブックストアでも働いているんだと話していたステファンさんのセンスは、ベルギーの空や光り、眼差しを感じます。

BUY HERE

Thanks!

P.S. We are exploring how to take a beautiful photo of books.Then Today,Magazine Apartamento style inspired us….. Thank you
Jun 20, 2014

(Source: youtube.com)

Jun 14, 2014

artist: Asako Shiroki

title: On the Floor,Behind the Window

more photos

私の作品は主にスタジオベースの作品なので、制作過程で計画に向かいながらもそこから脱線して予定とは違う到着点が見つかることも多く、またそれが次の作品を作る動機となったりもします。
スタジオに転がっている道具や材料などが空間を作るということがあって、ただそこに在るという無目的な存在の強さに強烈なインスピレーションを得て作品にすることもあります。それは制作空間のみではなく展示空間でも生活空間でも同様に起こりうることだと思うのです。
空間に触発されて展示のイメージが湧くということも多いです。空間を支えている駆体や壁や光や影がそこに置かれたオブジェクトの持っている中心的な軸に触れた時、空間に見えないグリッドが出現して、そのグリットとオブジェクトとが接触する事で空間が質感を帯びたように見えてくる事があります。例えば、違う言い方をすれば、空に偶然2つの飛行機雲が交差した時、そこに白いグリッドが出現して広さと深さのある空間を見せたり。またそれと水平垂直の関係にあるもの、景色の一つ一つがまるで関係を持っているかのように見えてくる。そんなことにも近いのだろうと考えています。
私の作品に脚の欠けた椅子が連続している作品があるのですが、脚が欠けたことによって水平垂直のバランスを失って、本来の椅子としての機能である安定感と引き換えに、斜めの軸が空間の強度を得るための筋交として機能する作品があります。
私の作品はそこに空間があることを実感したり、なぜそこに今在るのかという存在を知るためのプロセスなのです。オブジェクトを作りながらもその実態ではなくそれを成り立たせている周囲を見たくて作品を作っています。

My practice is mainly studio based. It often happens to me that my projects will deviate from what I had originally conceived and planned. But this shift becomes an incentive for subsequent works. All tools and materials spread throughout my studio create their own space in my eyes and the impact they have on me by merely just being there, existing without any function or reason, also give me an inspiration for creating new artworks. I think I carry this feeling not only in my working space but also in exhibition floors and my own apartment.
Images of artworks that collide with the space where they’re being exhibited often spring to my mind. When looking at the frames, walls, light, shadows that create a space, an invisible grid will pop up around the central axis of an object in that space. In a sense I can feel that these invisible axis and grid touch somewhere. In other words, for example if two planes cross paths in the sky, then you can see the depth and length of the space around them. This phenomenon shows the relation between the vertical and horizontal axis in every single detail of the landscape.
Some of my artworks have chairs with broken legs. A chair with a broken leg loses its balance between vertical and horizontal, trading the stability needed to function as a chair in order to assume the role as an artwork with an oblique axis that diagonally braces the space around it. My artwork leaves a feeling that there is an empty space and its process is about discovering why that empty space exists. My goal is not to look at objects by themselves but to create artworks that the environment becomes a part of.

http://www.shift.jp.org/

BUY HERE

Thanks!

Navigate
« To the past Page 1 of 7
About
vermikkobooks.com
mail@vermikkobooks.com Subscribe via RSS.